2017年12月14日木曜日

2018年1月20日公開講座「秩父演習林の哺乳類と冬の森」を開催します!

秩父演習林に生息する哺乳類について、これまで行ってきた調査研究の成果とともにご紹介します。また、雪上での足跡等、動物たちの痕跡探しにも挑戦します!。
皆様のご参加をお待ちしています。

○日 時:平成30年120日(土) 9:3016:00  

○集 合:秩父演習林事務所(秩父市日野田町1-1-49
 *天候や積雪の状況によって内容を変更する場合があります。予めご了承ください。

○対 象:一般(山道を歩くことがあります)

○参加費:保険料・資料代として500円いただきます。

○定 員:20名(定員を超えた場合は抽選)

○申込方法:住所・氏名・生年月日・性別・電話番号・メールアドレスまたはFAX番号・
      当日緊急連絡先(連絡のとれる家族等の氏名と電話番号)を明記の上、
      メール(chichibu-riyou@uf.a.u-tokyo.ac.jp)かFAX0494-23-9620
      でお申し込みください。

○受付期間:114日(日)必着

○問合せ先:電話0494-22-0272FAX 0494-23-9620

○メール:chichibu-riyou@uf.a.u-tokyo.ac.jp

○ホームページ:http://www.uf.a.u-tokyo.ac.jp/chichibu/ 

昨年の様子はこちら ↓

http://chichi-en.blogspot.jp/2017/01/121.html

12/10(日)第13回影森祭を開催しました

今年も秩父演習林しおじの会(https://sites.google.com/site/shiojinokai/)の皆さんに企画運営で、楽しく開催することができました。

製作体験では、毎年恒例のリース、クラフト、門松作りの他、新企画として、葉のこすりだしとドングリ人形も行いました。また、寄居町を中心に活動しているグルーポ・ティエラによるフォルクローレの演奏会、しおじの会によるフリーマーケット、影森苗畑産のそば粉を使ったそばがきと秩父演習林OB会の提供するイノシシ汁も大好評でした。

 簡単だけど本格的なミニ門松
大人気のリースづくり
 来年の干支(戌)とドングリ人形
 美味しいイノシシ汁
今年は会場を歩きながらの演奏も!

2017年11月10日金曜日

12/10(日)第13回影森祭を開催します

影森祭は、多くの方に秩父演習林を知っていただき、親しんでいただくためのお祭りです。自然の素材を使ったクラフトやリース作りなどいろいろな催しを行います。
入場無料、製作体験ではそれぞれ材料費がかかります。

日時:1210日(日)10001230まで 
   ※受付開始 9501130(販売予定数に達し次第終了です)

場所:東京大学秩父演習林影森苗畑にて
http://www.uf.a.u-tokyo.ac.jp/chichibu/outline/institution.php

・ミニ門松製作体験(500円/個)
 演習林の間伐したタケと苗畑のマツの枝を使って作ります。 

・干支(戌)の工作(クラフト)製作体験(200円/個)
 演習林で採集してきた端材でつくるかわいいクラフトです。

・クリスマスリース製作体験(500円/個)
 市販のリース台に山で拾った自然の素材を上手に並べて、素敵なインテリアが自作できます。

・苗畑ガイド
 演習林職員が影森苗畑をすみずみまでご案内いたします。

・しし汁(無料)
演習林OBのご協力により、美味しいしし汁が振舞われる予定です。

・フォルクローレ演奏
 寄居町を中心に活動をするグループによる演奏がお祭りを盛り上げます。

・フリーマーケット(クラフトや野菜等)
 秩父演習林を支えるボランティア会「しおじの会」によるフリーマーケットです。

・そばがき、そばせんべい(無料)
影森苗畑産のそば粉を利用した「そばがき」、「そばせんべい」をご賞味ください。


過去の影森祭はこちらhttp://chichi-en.blogspot.jp/2015/12/126.html

2017年9月12日火曜日

11月2日(木)ガイドツアー「カエデの見分け方を学ぶ」を開催しました

11月2日(木)、 ガイドツアー「カエデの見分け方を学ぶ」を開催しました。参加者は7名でした。天候に恵まれ,気持ちの良い紅葉の山を歩きながらカエデの見分け方を学び、手作り図鑑を作成しました。
秩父演習林に自生しているカエデ20種中,17種の葉を入手することができました。残り3種(テツカエデ,アサノハカエデ,ヒトツバカエデ)は次回のお楽しみとなりました。


2017年8月17日木曜日

入川軌道跡(登山道_川又十文字線)通行止め

8月9日、路肩の石積の崩落が確認されため、通行止めです。
場所は入川軌道跡入口から約1,400m地点の小赤沢付近です。
その後雨が続いたこともあり、崩落箇所が広がっています。
解除時期は未定です。


埼玉県の登山・登山道に関する情報↓


2017年8月9日水曜日

8/4(金)-5(土)公開講座「東大の森林で昆虫採集」を開催しました

今年も埼玉昆虫談話会のご協力のもと、開催しました。

1日目は、演習林内で昆虫採集。
見つけて採る「見つけ採り」、草ごとすくい採る「スイーピング」、枝葉をたたいて網の中に昆虫を落として採る「ビーティング」などの採集方法の説明を受け、いざ開始。
クサギの花に集まるミヤマカラスアゲハが下に降りてくるのを辛抱強く待ったり、朽木をくずしてみたり、小さい虫な捕獲するのに有効な吸虫管(きゅうちゅうかん)を使ってみたりなど、時間いっぱい採集しました。
夕食後は、光に集まる習性を利用したライトトラップを宿舎のベランダに設置し、採集を開始。ライトトラップを楽しみにしていた参加者も多く、お目当てのクワガタが採れるか皆さんワクワク。すると例年ほとんど採れないクワガタ類が開始早々から飛来、皆さんのテンションは一気にヒートアップ! 他にも普段じっくり観察することがない蛾の色や模様の美しさにびっくりしたり、飛来した昆虫の名前を講師の方々に聞いて覚えるなど、あっという間の夜間採集でした。

2日目は採集した昆虫の標本作成。
蝶や蛾は展翅板の上で翅の形を整えてから、テープで押さえ乾燥させて標本を作ります。クワガタ類などは展足板に体を固定し、次に玉針を使って脚を固定して標本を作ります。皆さん、採集した中から昆虫を選び、思い思いの標本を作成しました。

最後に講師の方々から、今話題となっているヒアリの特徴や体の仕組み、ミツバチの生態などを聴いて、1泊2日の公開講座は終了しました。

参加の皆さんからは、また来年も参加したい! 楽しかった! との感想をいただき、スタッフ一同ホッとしています。




2017年6月26日月曜日

8月4日~5日 公開講座「東大の森林で昆虫採集」を開催します!

例年、夏休みの時期にご好評いただいております公開講座を今年も開催します。
親子で(大人だけでも)楽しく参加できます。昼間だけでなく、夜間も昆虫を採集しますので、多様な昆虫が採れます!採集した昆虫はきれいな標本にして持ち帰ることもできますよ。是非チャレンジしてみてください。

日 時:平成29年8月4日(金)午前10時 ~5日(土)午後4時

集 合:東京大学秩父演習林事務所(秩父市日野田町1-1-49)

宿 泊:川俣学生宿舎(秩父市大滝)

内 容:昼間の昆虫採集、夜間の昆虫採集(ライトをつけ、集まってくる昆虫を採集しま
    す)。標本の作り方も解説します。

講 師:秩父演習林技術職員・埼玉昆虫談話会

対 象:一般(小学校4年生~大人),小学生は保護者同伴

参加費:4,000円(材料費、テキスト料、宿泊費)

定 員:15名(申込多数の場合は抽選)


申 込:住所・氏名・生年月日・性別・電話番号・緊急連絡先(参加者以外への家族等へ
    の緊急連絡先)・講座名(東大の森林で昆虫採集)を明記して、下記担当までメ
    ールかFAXでお申込みください。

締 切:7月21日(金)必着

問い合わせ先:☎ 0494-22-0272 、FAX 0494-23-9620
担当:秩父演習林 利用促進チーム          
          ✉chichibu-riyou_atmark_uf.a.u-tokyo.ac.jp 

            ※_atmark_ を半角の@に置き換えてください。


                 イベントの様子(2015)
                  昼間の昆虫採集
                   夜間昆虫採集
                       標本の作製